印刷範囲
全体プリント
本文プリント

変革期 – 変えなければならないもの、そして、変えてはならないもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年 – 2016年

リーマン・ショックを超えて

約2年間続いたリーマン・ショックの影響下で、特に受注の状況が厳しかったのは、2009(平成21)年1月から2010(平成22)年1月までの1年間だった。ただ、仕事がないのは周囲の同業他社も同様で、社長の藤井祥三いわく「みんな同じなら恐くない」。それが心の支えだった。

2009年期の金型業界の生産高は、対前年比70.6%であった。下表のように、ダイカストの落ちこみは特に激しく、前年度1,145億円に対して719億円と62.7%となっている。当社では、2009年度の売上高は5億4,900万円と対前年比50.3%、7年前の水準に戻ってしまった。

しかし金型は仕事がありさえすれば、必ずもうかる。受注が戻れば、以前の利益水準に追いつけるだろう、切粉を出し続けるしかないと覚悟を決めた。幸い、機械設備は以前のまま、社員は一人も辞めていない。そんな藤井祥三を支えるため、長男の藤井寛達が勤め先を辞し、フジイ金型に入社した。この時点では、まだまだ自宅待機の社員が多かったという。2010年1月だった。

その年の決算期は売上高6億5,000万円、上向きながらも厳しい状況だった。営業部隊は引き続き努力を続けた。条件的にかなり厳しい仕事も引き受けた。その甲斐もあって受注は着実に戻り、翌年には7億8,900万円と、徐々に業績は回復していった。

日本の金型種類別生産額の推移(10年間)。プレス型、プラスチック型、ダイカスト型(鋳造を含む)、その他。日本の金型種類別生産額の推移(10年間)

中国への進出

2011(平成23)年2月、中国江蘇省昆山市に、初の海外展開となる「昆山福吉意模具科技有限公司」を設立した。

江蘇省昆山市江蘇省昆山市

中国では、 21世紀に入って鉄鋼、家電、電子情報機器などで世界一の生産高を記録、「世界の工場」と呼ばれるようになっていた。2009年はリーマン・ショックの影響を受けたものの、経済的打撃は先進諸国と比べると限定的だった。国内総生産(GDP)も9%台に踏みこたえて翌年すぐに2ケタ成長に戻り、日本を抜き世界第2位の経済大国となった。

日本の製造業では、国内と比べ格段に低い人件費や設備費、1元=10円台前半の為替レートを背景に、中国への進出に拍車がかかった。金型会社も、主な納入先である自動車メーカーや部品サプライヤーなどの後を追って、中国に工場を設立した。主な拠点は、北京・天津など政治・経済の中心である華北地方、深圳(華南地方)や大連(東北地方)など古くからの経済特区を抱える地域であった。

一方、当社が進出した江蘇省昆山市は上海市の北西50キロにあり、華東地方にあたる。2010年の上海万博以降、注目を集めていた地域だった。経済開発区に指定され、日系企業ほか多くの外国企業が集積しているものの、当時は金型関係の会社が比較的少なかった。これがこの地に拠点を構えた理由の一つである。

設立準備は、1年ほど前から進められた。現地に視察へ行き設立を決定、多くの日系企業が集まる工業団地で貸工場を探し、入居を決めた。ところが入居前に交渉が滞っていたところ、近くに打ってつけの場所に空きが出たため、急きょそこに変更した。面積2257平米の広々とした敷地に立つ1677平米の工場である。

その後、工作機械の調達や現地での求人など体制を整え、中国工場を実際に稼働させたのは2011年の11月だった。スライドレールやスライドブロックの生産からスタート、粘り強い指導により確実に技術力をつけてきた。現在は駐在している総経理(責任者)の榊間ほか日本人スタッフ1名と現地社員13名で、日本の本社と連携を密にしながら、製造全般とメンテナンスを請け負うまでに至っている。

代表取締役社長交代へ

2012(平成24)年9月、藤井寛達が代表取締役社長に就任、藤井祥三が取締役会長に就任した。前年3月11日には東日本大震災が発生、日本全体が多大な経済的打撃を受けたが、幸い、当社への直接的な影響はほとんどなかった。就任後、売上高は順調に伸び、2015(平成27)年度にはリーマン・ショック前までに回復した。だが、金型業界全般を眺めると、生産額はいまだ厳しい水準にとどまり、事業所数は9000社を割り込むまでに減少している。環境の変化の激しさ、サイクルの目まぐるしさは肌身で感じられる。

しかしながら、新社長の藤井寛達のポリシーは「じっくり、じっくり」である。こんな状況だからこそ、腰を据えた見通しを持ち、行動は素早く起こすことが必要であると考えている。

基本思想は、営業あっての会社だということだ。そして営業を支えるための戦略は「最新の設備を、効率よく、最高の技術で使いこなすこと」である。基本的には、前社長の藤井祥三の時代から変わってはいない。

今後も、まず的確なタイミングで設備投資ができるよう、十分な内部留保を行なう。また、フジイ金型の伝統である「分業」によりムダな作業や工程を見直し、常に改善を図っていく。さらに、今まで培った熱処理に関するノウハウ、湯まわりの設計技術などの属人的な暗黙知をデータ化して共有し、形式知にしていく。それが高品質、短納期、低コストの金型の提供につながる。

こうしたヒト、モノ、カネ、情報など経営資源のやりくりについて、最も大切で、最も手間と時間がかかるのが、「ヒト」だと藤井寛達は捉えている。カネを投下して、モノを調達することはすぐできる。しかしお客さまなどステークホルダー(利害関係者)はもちろんのこと、社員も含めヒトの問題は、そうそう思い通りにはいかない。情報にしろ、本当に重要なものは、実はヒトに付いている。まさに「金型作りは人づくり」である。

これを踏まえて試みているのが、会長の出身地である白川町で、金型設計事務所を設立することである。結婚などをきっかけに退職した社員や、介護で地元を離れられない人を対象に、再雇用を呼び掛けている。その人の持つ技能を活かしてもらうというアイデアだ。これは政府が提唱する、女性の活用やワーク・ライフ・バランス(仕事と生活との調和)への支援にもつながる。体制が整えば、ゆくゆくは新卒にも雇用のワクを広げていく予定である。

10年後、社会はどのように変化しているだろうか。創立50周年を迎えるまでに、今後世の中の流れに合わせて変えるべきもの、逆に、フジイ金型として決して変えてはならないものがあるはずだ。めざすのは、お客さまのニーズに応え続けること、それによって、社会のモノづくりに貢献すること。製造業のマザーツール「金型」を生み出す誇りを胸に、フジイ金型は新たな歴史を刻もうとしている。

フジイ金型は新たな歴史を刻もうとしている。フジイ金型は新たな歴史を刻もうとしている。
金型に関する見積依頼や技術相談などお気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォームはこちら
会社案内やその他資料をご覧頂けます。資料自動ダウンロードはこちら。
お電話でのお問い合わせは0587-93-1101。受付時間は平日9:00~17:00までとなっております。

金型製作・修理の見積依頼や技術的なご相談はもちろん無料です。些細なことでも遠慮なく、お気軽にご相談ください。
工場見学も承っております。当社設備や製造プロセスの様子を確認したいお客様はぜひお越しくださいませ。

ページの先頭へ