修理部

熟練の技で、ニーズに応える職人集団

熟練の技で対応します

時間やコストの制約で、新しい金型をつくることが難しい場合があります。また、新規に製作する場合でも、完成間際になって構造変更が必要になる場合もあります。

そのようなときに登場するのが修理部です。「金型が破損してしまった」「なんとか寿命を延ばせないか」からはじまり、「金型を改造したい」「追加部品がつくれないか」といった難易度の高い要望に対して、高精密の世界を指先で感じ取りながら、熟練の技で対応していく職人集団です。


スピードも技のうち

修理部にくる依頼内容はさまざまです。「とにかく急いでいる」「とりあえず直したい」「なんとか変更してほしい」というケースも少なくありません。一方で「計画的にメンテナンスしたい」「湯回り改良や入駒化などの部分的な改造をしたい」というようなご要望もあります。いずれの場合でも失敗が許されないという厳しい制約があります。そのような時でも、キチンと作業計画を立て、できる限りのムダを省き、効率よい作業を心がけています。

大きな修理や改造の場合は、設計室や製造部とも緊密に連携しなければなりません。そんなときは修理部を窓口とした社内一貫体制を構築し、チームとして取り組みます。技術と経験に支えられた徹底的な効率化で、お客さまの立場にたってスピード感のある対応を図ります。

計画を立て効率的な対応をします


不具合を社内へフィードバック

設計室や製造部が技術を尽くしてつくった金型でも、不具合が原因で納品後ご相談――というよりお叱り――を受けるケースがあります。その時の対応の窓口になるのも修理部です。

修理をするのはもちろんですが、それだけに終わらさず「どうしてこんなことが起こったのか」社内の各部門と議論を重ね、原因究明と改善、再発防止に努めます。

この活動で得られた知見を社内全体に共有し、考えるというスタンスが、今後のお客さまへの品質・サービスの向上とともに、それぞれの社員のレベルアップにつながると信じています。

不具合情報のフィードバックも重要な役割です。


質問や応募は
採用お問い合わせまで
金型に関する見積依頼や技術相談などお気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォームはこちら
会社案内やその他資料をご覧頂けます。資料自動ダウンロードはこちら。
お電話でのお問い合わせは0587-93-1101。受付時間は平日9:00~17:00までとなっております。

金型製作・修理の見積依頼や技術的なご相談はもちろん無料です。些細なことでも遠慮なく、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ