設計室

年間300型以上を設計する、20名の技能集団

明るく広々とした設計室

本社工場の一角に設計室があります。設計室には、20名を超えるエンジニアが所属し、金型構想図設計グループ、3Dモデル作成グループ、加工プログラム作成グループの3グループわかれて、年間300型を超えるダイカスト金型を次々と設計しています。

2015年には、社員の通勤時間の負担を減らすために、岐阜県加茂郡白川町に「白川設計所」を設立。地域の雇用創出にも貢献しています。


仕様をデータへと変換する

設計業務のスタートは営業からの引き継ぎです。

お客さまと営業で話し合った金型全体や構成部品などについてのニーズ(要求仕様)を、数値に変換し、CAD(Computer Aided Design)で図面としてモニター上に可視化していきます。

主要部品の強度を計算しながら、形状や寸法などの詳細を設計していきます。ダイカスト金型の品質やコストの大半はこの段階で決まるといっても過言ではありません。

CADによる図面作成


3次元モデリングなどの新技術による設計体制

複雑な形状の金型づくりに不可欠なのが、3D CADによる3次元モデリングです。2D CADでは作成が難しかった曲面なども、リアルに表現できるのが特徴です。

かつては「入社2年目までに、紙の図面を見て頭に金型の形状が浮かぶようになるのがエンジニアへの第一歩」などとも言われていましたが、3D CAD、3次元モデリング技術の進歩により、この鉄則も崩れつつあります。

3Dモデル作成


最近では、成形品を3Dプリンターで試作し、問題となりそうな点を洗い出したり、シミュレーションソフトを使った鋳造時の不良予測をするなど、更なる新技術を用いた設計も行われています。

汎用エンジン サンプル3Dプリンターで実物との同形状を作り、検証を行います。


加工プログラム作成

ダイカスト金型は、非常に丈夫な合金を切削することで作り出します。切削作業は自動化されており、マシニングセンタなどのNC(Numerical Control)工作機械がそれを担っています。

NC工作機械の例
立形マシニングセンタ NVX5100


設計では、CAM(Computer Aided Manufacturing)を用いて、これらのNC工作機械に対する加工プログラムを作成していきます。NC工作機械は、機械ごとにそれぞれ向き不向きもあり、それらの能力も加味しながらプログラムする必要があります。

効率の良いプログラムが作れることは、後工程となる製造の業務効率を向上させ、結果的に納期の短縮にもつながります。

切削に使用される刃物


分業と協業

普段の業務では、モニターに向かって作業に没頭する設計室チーム。しかし、よりよいモノづくりのためには、部門内外の人たちとの連係プレーも重要です。設計変更などの際には、製造部を交えたスケジュールの調整を図るなど、担当者同士で打ち合わせをおこないます。

製造と修正の調整を図ります


質問や応募は
採用お問い合わせまで
金型に関する見積依頼や技術相談などお気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォームはこちら
会社案内やその他資料をご覧頂けます。資料自動ダウンロードはこちら。
お電話でのお問い合わせは0587-93-1101。受付時間は平日9:00~17:00までとなっております。

金型製作・修理の見積依頼や技術的なご相談はもちろん無料です。些細なことでも遠慮なく、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ