型構造設計(ダイカスト金型の設計)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

type-structure生産を止めない安定した型がほしいスライド部のカジリ、溶湯の飛込みによる動作不良。
型方案が引き起こす生産の停止にお悩みではありませんか?

よく壊れるなら、まず丈夫な金型を。

設計の第一は安定した鋳造ができることです。型製造のコストが第一ではありません。
頻繁に破損するなど型構造を起因とする生産の停止にお悩みだったメーカー様の要望にお応えします。
安定した鋳造に不可欠。充分な型強度をもたせます

スライド部のカジリ・溶湯の飛込みを回避。

動作不良の原因となるスライド部のカジリ、溶湯の飛び込みでお悩みの鋳造メーカー様が多くいらっしゃいます。
しかし、型割から製品との距離、摺動クリアランス等を総合した金型を設計することでこれらの問題を回避することができ、メーカー様のお悩みを解決しています。
スライド部の型割りから製品との距離、摺動クリアランスを総合して設計します

壊れやすい部品こそ短納期・低コスト。

構造上破損しやすい部品ほど短納期・低コストで提供できるように設計しています。
ほしいときにそばにあること、すぐ用意できること。フジイ金型はフォローの面も考慮した安さと速さを実践しています。
破損・消耗しにくい設計のほか、別部品化や交換が容易な構造を考えます

他社金型でも構いません。

損傷部の別部品化などの改造や部品の単品製作もお気軽にご相談下さい。

ご相談~型製作開始までの流れ

型構造に関するお問合せは・・・

金型に関する見積依頼や技術相談などお気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォームはこちら
会社案内やその他資料をご覧頂けます。資料自動ダウンロードはこちら。
お電話でのお問い合わせは0587-93-1101。受付時間は平日9:00~17:00までとなっております。

金型製作・修理の見積依頼や技術的なご相談はもちろん無料です。些細なことでも遠慮なく、お気軽にご相談ください。
工場見学も承っております。当社設備や製造プロセスの様子を確認したいお客様はぜひお越しくださいませ。

ページの先頭へ